突然、飼い主も猫アレルギーになった場合?対策2つで症状が軽くなる方法とは?

アレルギー」の名前を耳にするだけで、なんか体が痒くなる気分になりますよね。

目のかゆみや発疹、クシャミなどを思い浮かべる人も多いかもしれませんが。。。

キツイ場合は、喘息のようなヒューヒュー喉や目が真っ赤になったり、まぶたのハレなどもアレルギー症状の一つなので、つらくて大変です。

花粉症やハウスダスト、犬や猫のアレルギーなども最近耳にすることが多くなりました。

アレルギー症状には、皮膚のかゆみ、目や鼻などの粘膜の炎症、咳、嘔吐、下痢、頭痛などがありますが。。。

最近では、猫アレルギーの飼い主さんも増えているそうです!!

しかも、突然になった!!

愛猫が原因のアレルギーでは、防ぎようも 治しようもなく、つらいアレルギーと戦いながらも・・・

「やっぱり、うちの猫さんは、かわいいー♪ ので仕方がない」のあきらめムード!

どうにか、猫アレルギー症状を軽くできないものでしょうか…?

今回は、そんな猫好きアレルギーさんの、お役に立てる情報を紹介させていただきます。^^

猫に限らず、アレルギーは突然発症します!

私もアレルギー体質です!いつ猫アレルギーを発症しても不思議ではないです。押し入れの掃除をすると、きまって熱っぽくなり、風邪のような症状が出て、2~3日調子が悪くなります。
毎日、猫たちと寝ている私。一匹は頭の上で、もう一匹はお腹の上で寝ることも多く、苦しいけどナデナデが大好きな猫たちです。とくにお散歩大好き「親分」は痒がりでお腹の上でカキカキしているし。

今までは何ともなかったのに…?アレルゲンはその人の体質などで体内の許容量が超えると突然!起こります。

何の予告もなしに発症するので困ったもんですね。

しかし、その症状だけでは、必ずしも猫がアレルゲンだとは決め付けられませんよね。

猫アレルギーなのかは、アレルギーテストを受けなければ医師でも確実な事は断定できないそうですよ。

病院検査でもハッキリわからないアレルギーとは?

アレルギーの症状は「アレルゲン」と呼ばれる異物が人間の体内に入ったとき、体の許容範囲を超えた場合!アレルゲンを排除しようとして起こります。

猫アレルギーの発症する原因

猫アレルギーの場合は、アレルゲンは、猫の脂腺、肛門腺、唾液腺などから分泌されたホルモンと何かが混ざったものから、その人の体質によって猫アレルギーが発症する!そこまでは解明されているのですが…?

そのアレルギーは、まだまだ分からないことが多くて、「かもしれない」の世界にあるみたいです。(-“-;A …アセアセ

アレルギー検査をしていただいた先生のお話では、「症状を聞いて猫アレルギーということはわかります。

ですが、これはあくまでも血液の反応を見る検査なので、本人の症状がどうでるかまではわからないんです。」

つまり、「人それぞれでアレルギー反応はどう出てくるかワカラナイし、原因もはっきりしない。」ということですね。

  • 猫の毛自体かも?毛にくっついている何かの成分かもしれない
  • 猫のフケかも?ホコリかもしれない、カビかもしれない
  • 猫の体から分泌されているその猫のホルモンかもしれない
  • アレルゲンもとが、猫の毛を媒介し、ひろがるのかもしれない
  • 猫の短い毛は長い毛より飛びやすい、その反応なのかもしれない

なかなか、愛情と憧れと気合いだけでは…なかなか乗り越えられない猫アレルギーの壁デス。^^;

愛猫が原因のアレルギーでも手放せない場合

たとえ猫アレルギーでも、こんなカワイイ子は手放せなーい! 無理でーす(⋈◍>◡<◍)。✧♡

アナタもそうですよネッ。

では、どうすれば良いのでしょう。。。

  • アレルギー検査をして、抗ヒスタミンの薬を処方して頂いて飲み続ける
  • 猫アレルギーだけど、軽度の症状だから仕方がないとあきらめる
  • 猫アレルギーを軽くしたいので対策がないのか努力する

では、猫アレルギーは軽くならないのか? と言うと…? そうでもないんです。

花粉症でも環境が変わったりすると、ヒドかったのが軽くなった!なんて経験のある人も多いですよね。

それと同じで「猫アレルギーが軽くなった!」という人も実はたくさんいるのです。

薬に頼らずに猫アレルギーの症状を軽くするには?

毎日の生活習慣、食生活の見直し! 猫の毛やフケを減らす対策をすることが大切です。

簡単には治すことはむずかしいですが、体質改善をしながら環境アレルゲンに強くなることです。

 

環境アレルゲンが原因なの?

環境アレルゲンとは、室内におけるダニや真菌類(アスペルギルス・アルテルナリア・カンジダ)・ラテックス

室外でもスギ花粉に代表されるアレルゲンの被害は、子供だけではなく、大人にまでアレルギー患者が増えてきています。

アレルギー疾患における対策の基本は、原因アレルゲン除去と回避となりますが。。。

家には「猫」がいる。または、猫が好きだからさわりたい!

どうしても除去と回避は出来そうもないですよね。


猫アレルギーの症状を軽減するための注意点

では、少しでも環境アレルゲンを、体に入れないためにはどうすればいいのでしょう…?

アレルギーの症状は「アレルゲン」と呼ばれる異物が人間の体内に入ったとき、体が許容量をオーバーした場合、アレルゲンを排除しようとして起こります。

他にも、空気中に散った猫の毛やフケが原因で猫アレルギーの症状が出ることもあります。

アレルギーの「原因」を取り除くためには、室内のホコリのお掃除をして、きれいな環境をつくることが大切です。^^

  • 規則正しい生活と睡眠をよくとる
  • 猫の毛や唾液がつかないよう、寝室には猫を入れない
  • 室内のこまめな掃除や空気清浄機を使ってホコリをとる
  • 猫に触ったあと、顔などさわらないうちに手洗いをする
  • 猫にブラッシング、シャンプーをしてフケや抜け毛を減らす
  • カーペットなど猫の毛やホコリが付きそうなものは置かない
  • 衣服や布団に付いた猫の毛は、取り除く

私のような、ササッと終わらせたいタイプには大変ですが。。。

これを心がけるだけでも、猫アレルギーの症状が比較的軽くなるはずです。

それに、不規則な生活をしている人は、規則正しい生活をしている人と比べるとアレルギー発症率が高いそうです。

なぜなら、睡眠中は免疫力をあげるためのホルモンが活性化され、副腎皮質ホルモンが分泌されます。

猫さんにも、1日に1回は猫のブラッシングを行い、アレルゲン物質が部屋中に飛散しない様にしましょう。

なお、ブラッシング中も意外と飛散しますので、マスク着用で行う事をオススメします。

どうしても猫と触れ合いたい貴方でしたら、これらの対処法をお試しください。^^

ただし、猫さんのシャンプーは控えめに!

猫は一生シャンプーしなくても良いともいわれるほど。

シャンプーした後は、風邪をひかないように、お腹や背中をしっかり乾かしましょう。

それに、頻繁にお風呂に入れると皮膚にダメージが蓄積され、皮膚炎などになってしまう可能性もあります。

カンタンなのは、ペット用のウエットティッシュなどで体を拭いてあげましょう。

また、症状がきつい場合は、あなたも我慢しないで医療機関を受診しましょう。

アレルギー症状を抑える薬の処方や、専門的なアドバイスを医師から受けられるでしょう。

アレルギーはⅠ型〜Ⅳ型の4種類に分けられます

猫アレルギーは花粉症やジンマシンと同じⅠ型アレルギーに分類されます。
だから  猫アレルギーの症状は目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、少し熱っぽく風邪気味の症状に似ているのですね。さらに全身性のものをアナフィラキシーと呼び、さらに急速な血圧低下によりショック状態を呈したものをアナフィラキシーショックという。

ポイント!症状を抑えるオススメ食材

アレルギー症状の原因は、人が持っている免疫機能でしたね。

まずはアレルギーを発生させる原因を知っておきましょう。

たとえば、アレルギーを引き起こす原因の一つとして「ヒスタミン」という物質があげられます。

ヒスタミンは体内にアレルゲン物質が侵入したときに、異物を排除しようと働いてくれる、私たちが持っている免疫機能です

ヒスタミンがアレルゲン物質を排出させようとした結果、かゆみやむくみ、痛みといった症状を引き起こし、アレルギー反応を起こす原因になってしまっています。

ヒスタミンは化学物質のため、実は食べ物自体に含まれていることもあるのです。

代表的なものにパルメザンチーズがあります。

パルメザンチーズのヒスタミン含有量はかなりのもので、アレルギーの人は避けたほうが良い食材です。

また、身近なヒスタミン含有量の多い食品なのが、チョコレートやコーヒー、ココアなどもあげられます。

他には、ほうれん草やナス、サバ、サケ、マグロなども同様です。

これらの食品はほかの食品よりも多くヒスタミンを含んでいるので、アレルギーに悩んでいる人はもちろん、花粉症の方はとくに花粉シーズンでの摂取は控えたほうが良いでしょう。

それでは一般的に「アレルギーを抑える」といわれている食べ物を紹介しましょう。^^

ムチンで肌を保護するレンコン

根菜類のレンコンには、ムチンという粘膜を強化してくれる成分が多く含まれています。

レンコンにはネバネバの粘り気がありますが、このネバネバの正体である「ムチン」は、粘膜を保護する機能や保水力にも長けている優秀成分です。

私たちの免疫機能である粘膜をより強化し、アレルギーに対して免疫力アップにも貢献してくれます。

抗アレルギーに役立ってくれる納豆

レンコンと同じの、ネバネバ成分の納豆菌、ナットウキナーゼが抗アレルギーに役立ってくれます。

ヒスタミンの発生を抑えてくれる効果が見られ、腸内環境も整えてくれます。

体調改善や免疫力の強化のヨーグルトや乳酸菌

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす効果が期待できますよネッ。

善玉菌が活性化されることで体調改善や免疫力の強化につながり、抗アレルギーにも役立ってくれるでしょう。

また、乳酸菌を含んだアレルゲン食品に効果があるとうたわれているドリンクなら購入も手軽です。

ヒスタミンを制御できるキャベツとケール

キャベツとケールのビタミンCはヒスタミンの放出を抑制する働きがあります。

そのためビタミンCの多く含まれた食材はアレルギー症状を押さえる効果があります。

キャベツのビタミンC含有量は、100グラム中41ミリグラムです(文部科学省『五訂増補日本食品標準成分表』より)。

このたっぷり含まれているビタミンCが、ヒスタミンの抑制に役立ってくれます。

また、キャベツの原種であるケールも抗アレルギー食品です。

味に癖があるため、ケールが含まれている青汁を利用すると取りやすいでしょう。

ヒスタミンの抑制効果が期待できる柑橘系

柑橘系のビタミンCを多く含んでいる食品はヒスタミンの抑制効果が期待できます。

オレンジ、イチゴ、レモン、ブルーベリー、ぶどうといったフルーツはビタミンCを多く含んでおりおすすめです。

また、ビタミンC効果で肌状態が改善されることも期待できますよ。^^

ヒスタミンを抑制することで期待できる緑茶

殺菌効果もあるといわれる緑茶は抗アレルギーにも役立ち、「カテキン」が力を発揮してくれます。

またウーロン茶や甜茶(てんちゃ)などにも抗酸化物質が多く、ヒスタミンを抑制する効果がみられます。

今回ご紹介したアレルギー症状を抑える食べ物は、こればかりを食べていれば効果があらわれる訳では無いですよ。

やはり栄養バランスの整った毎日の食事が基本ですね。^^

まとめ

今回のポイントは、猫アレルギーを発症しても、「猫が好きだからさわりたい」「猫と離れられない」と言うアナタに書きました。^^

「アレルギーを軽くする」または「がんばってアレルギーを克服する」対策方法を記事にしましたが、いかがでしょうか?

体質改善は、すぐにアレルギーに免疫が付くものではありませんが、愛猫と貴方のために努力しましょう。

また、猫さんにもアレルギー物質を軽減してもらうために体質改善をしましょう。

人も生活環境と食事の改善で、アレルギー体質が改善できるように・・・

猫さんにもアレルゲン物質を改善するためのキャットフードを与えましょう。

もともとは動物系のたんぱく質にだけアレルギーを示す猫さんですが…?

アレルギー体質の子は消化に悪い穀物を大量に食べ続けることで穀物アレルギーを発症する可能性が高いです。

穀物不使用のものか、ロイヤルカナンのような加水分解されたキャットフードを選びましょう。

あなたも、また、アレルギーの原因にされている猫さんも。。。

私もですが、アレルゲンに強くなる体質改善をしましょう。

あなたも猫と癒しの生活スタイルをお楽しみくださいね。^^



世界中から高い評価を受けるペットフード オリジン

コメントを残す