猫の病気

猫に血尿や頻尿の症状が!膀胱炎なのかの確かめ方。治療が必要なのか判断方法は

更新日:

猫,血尿,膀胱炎
管理人
【ペット介護士】【ペットセラピスト】

猫がよくトイレに行くけど辛そうで頻尿?

その上に猫のオシッコをかたずけていたらオシッコが全体的に赤い!!
ビックリしますよね。
この症状はひょっとして膀胱炎??
病院て治療した方が良いのか? 自然治癒ですぐ治るのか?
もう少し様子を見た方が良いのか悩む~~

あなたには、そんな経験はないでしょうか。

クレーム猫
オスかメスの違いで言うなら、圧倒的にオスに多い病気だニャー。

スゴーク痛くてつらいにゃん!愛猫が膀胱炎かも知れない時はいつまで様子を見るのか?病院に急いで連れて行った方が良いのか?症状で説明するにゃん。

結晶のできやすさはオス・メスで変わりませんが、オスのほうが尿道の出口が細く、詰まりやすいみたいです。

猫が何度もトイレに行って、排尿の体制をとっているのに出ない場合や出てもほんの数滴のオシッコという場合。

またはトイレまでたどり着けなくて、違う場所で少量の尿を漏らす場合は、泌尿器の病気の可能性があります。

猫ちゃんは泌尿器系の病気に悩まされることが多く、日々の排せつ行為であるオシッコも満足にできないというのは本当つらい!

また、1日中オシッコをしていない時には「尿毒症」になり命を落とす可能性もあり危険です。

そうならないためにも、日ごろから愛猫のオシッコのようすを確認しましょう。

カルシウム・マグネシウムが低いモグニャン

猫の泌尿器系の病気になる確率は?

猫が病気の多いグラフデーター

猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、腎臓で濃縮した濃いオシッコを作ります。

その分、腎臓への負担も大きく、腎臓病などの泌尿器に関わる病気にかかりやすくなります。

病気経験のある猫ちゃんの46.8%大方の半分が、泌尿器系の病気だったという調査結果もでています。

猫の膀胱炎の症状!様子を見てもいい状態は?

猫,オシッコが出ない

注意ポイント

  • トイレに入り少しはオシッコが出る頻尿
  • トイレで背中を丸めて痛そうにしてなかなか出てこない
  • 絶えずトイレに入っては出てこない
  • オシッコに赤い血がついている

愛猫がオシッコの出が悪そう。またオシッコをするときに辛そうで長くトイレにいる

または、オシッコに赤い血が出ている!

赤いオシッコが出た時は、石の結晶が尿管の中を移動して傷つけている場合です。

しっかり猫
運が良ければ石の結晶がオシッコとともに出た可能性もあります。
次のオシッコするときの状態を観察しましょう。普通にオシッコが出ていたら結晶が出た証拠。
まだ痛そうにしていれば、結晶も出ていない証拠になります。

上記のいずれにしても、愛猫の苦しんでいる姿は見るのもつらいですよね。

その頻尿症状が2日も続くときは症状が急変するかもしれません。

また、食べ物や体質から石の結晶が多くできている猫ちゃんもいます。

病院の診察をオススメします。

急いで病院の治療が必要な症状は?

猫 診察

危険ポイント

  • 食欲がない
  • ぐったりしている
  • 熱をおびている
  • 繰り返し吐く
  • 24時間オシッコをしていない
  • 下痢

とても危険な状態!

尿毒症で一歩遅くなれば命にかかわります!

急いで病院で治療をしましょう。

病院での尿検査顕微鏡でリン酸アンモニウムマグネシウムなどの結晶ができていないか?

結晶が大きくて尿管で詰まっていないか、エコーなどで調べてもらいましょう。

特に細菌性膀胱炎などの感染症は、膀胱から出口までの距離が短い、高齢のメス猫などにもあるようです。

完全室内飼育をしていても、肛門周囲の大腸菌などから発症するので注意が必要です。

まったく尿が出ない場合には、急性腎不全を起こして一命にかかわります。

一刻も早く病院へ連れて行ってください。

「猫の安全な下痢と危険な下痢の見分け方」原因と病院に連れて行く症状

嬉しいおばさん 「モグニャン」に配合しているクランベリーの効能 クランベリーは、北アメリカ原産の植物の実です。 赤い実は食べ物やハーブ製品に使われています。 歴史的に、クランベリーの実と葉は、創傷、尿 ...

続きを見る

尿道結石の予防に適したモグニャン

猫の症状!オシッコが赤いときの原因は?

猫,血尿

  • 腎炎
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • ネギなどの中毒
  • 落下事故や交通事故

考えられるのは尿路感染症

尿道から膀胱、あるいはそれより上まで細菌が上がっていって、炎症や粘膜の損傷を起こすものがあります。

激しいものでは全身症状を伴いますし、尿が赤いだけではなく白く濁ったオシッコが出ることもあります。

膀胱炎の症状

「おしっこが出ない」ことが尿結石症(尿道に石が詰まって出ない)の見つけやすい症状です。

進行すると、突然血尿が出ることもあります。

そもそも血尿が出るのは、結石が膀胱や尿道を傷つけて出血をしている証拠です。

そのままオシッコが出ないと、「尿毒症」となって命に関わることもあります。

ネギや人間用の風邪薬、ヘモプラズマという赤血球につく小さな寄生体の中毒

この場合は、血尿ではなく、厳密には赤い色のおしっこが出る「血色素(ヘモグロビン)尿」が見られます。

激しい貧血を起こしていて、ふらふらする、口の中が白い、黄疸、嘔吐、下痢などが起こることもあります。

落下事故や交通事故

事故などで打ちどころが悪い場合によって、腎臓や膀胱などに損傷を受けると出血することがあります。

室内でそこまでのケガをすることは考えにくいですが、飼い主さんが見ていないところでこうしたケガをしている場合も考慮しましょう。

オシッコが出ない!危険な尿毒症

尿毒症症状

膀胱炎はオシッコの中でカルシウムやマグネシウムがリン酸やシュウ酸と結合し結晶化(石ができる)。

それが尿道(膀胱から出口までの管)に詰まってしまって、出なくなってしまう病気です。

これを発症してしまうと、膀胱破裂や尿毒症につながり、48時間以内に死んでしまう場合もあるので要注意です。

尿毒症とは?

尿毒症とは腎臓の機能が著しく低下して、通常はオシッコと一緒に体の外に排泄される有害物質(窒素化合物)が体内にたまっている状態です。

尿毒症の症状は?

食欲がまったくなくなって、激しい嘔吐を繰り返したり、下痢になったりして、口からアンモニアのニオイがすることもあります。

すぐに治療を行わないと、脱水症状が起こって体温も低下し、けいれんを起こすこともあります。

さらに症状が進むと、昏睡状態に陥って短時間で命を落とします。

一秒でも争う危険な状態なので速やかに病院に急行してください。

ただ、症状はわかりやすいのでしっかり観察していてあげれば大丈夫です。

猫の健康な時のオシッコの1日の回数は?

猫のオシッコ回数

健康な猫のオシッコの回数は一日に2回から多くても5回

日頃のトイレのお世話で、砂を見るだけでも、血尿は固まった砂の色が違うのでわかりやすく。

オシッコの量もいつもにくらべて砂の塊が大きいか小さいかである程度判断つきます。

小さい塊で、数が多いなら、頻尿かもしれません。

それを超える回数、頻繁にトイレに行くようなら膀胱炎でしょう。猫ちゃんは苦しんでいます。

反対に1日1回は少ない方です。

お水の飲む量が少ないかもしれません。

尿石症予防のためにも、水を摂取する量を増やす工夫をするといいかもしれません。

どうしても今のフードでないとダメというのでなければ、水分量の多いウエットタイプを与えてみるのもひとつの方法です。

また、尿を膀胱にためて置く時間が長いと膀胱炎になりやすいので定期的に尿検査を行うことをオススメします。

泌尿器系の病気!飼い主ができる予防方法は?

トイレの掃除,オシッコのチェック

毎日の尿のチェックとトイレを清潔にするのが大切!

日頃から尿の色を観察することは大切なことです。

普段の色を覚えておかなければ、尿の色が変化しても気がつきません。

赤色尿には、赤色だけでなく、濃い黄色やオレンジ色、赤ワインのような色、コーラや醤油しょうゆのような褐色の色も含まれます。

飼い主がうっかりしていて、動物の飲み水がなくなっていたときなどに、尿が濃い黄色になることもあります。

病院に持って行くときのオシッコのとり方の例

トイレ容器でオシッコの採取

上記の写真は「花王さんのニャンとも清潔トイレ」のお写真をお借りしました。

猫のオシッコには健康情報がたっぷり含まれています。

泌尿器ケアのためには、猫のオシッコ(液体)そのものをチェックする習慣をつけましょう。

ニャンとも清潔トイレ」は、チップを通過したオシッコがトレーにためられるので、液体の状態でオシッコチェックでき、採尿も簡単です。

餌の選び方でも膀胱炎になる確率は変わる?

キャットフード5種類のマグネシウム・カルシウム・ナトリウム・リンのグラフ

キャットフード,5種類のマグネシウム・カルシウム・リン

キャットフード,5種類の棒グラフ

膀胱炎はオシッコの中でカルシウムやマグネシウムがリン酸やシュウ酸と結合し結晶化。

それが尿道(膀胱から出口までの管)に詰まってしまって、オシッコが出なくなってしまう病気です。

では、そのカルシウム・マグネシウム・リンなどのミネラル成分をバランス良く抑え、尿のpHのバランスを崩れたりしないキャットフードをオススメします。

嬉しいおばさん
膀胱炎はオシッコの中でカルシウムやマグネシウムがリン酸やシュウ酸と結合し結晶化したものが猫の体質にもよりますが膀胱炎になるのでしたね。
泌尿器系の病気は全体の46,8%大方半分が占めています。そのためにはカルシウムもマグネシウムもリンもバランスよく抑えたキャットフードが安心ですね。上記のグラフではアカナ、モグニャン、ジャガー、シンプリー、ねこはぐの5社のキャットフードのグラフですが、ダントツ「モグニャン」バランス良く低く抑えられている結果が出ました!!

愛猫の膀胱炎の予防には試す価値はあるようです!

膀胱炎や血尿が心配なあなたは、カルシウム、マグネシウム、リンを低く抑えている「モグニャン」を試してください。

猫の腎臓病の予防
モグニャン腎臓病予防に期待できる?腎不全にはNG!違いを徹底検証

猫の死亡率1位が癌、2位が腎不全ですが、この二つの大きな病気は何の前兆もなく静かに静かに進行してくるので… なかなか防ぐのは難しい病気ですよね。 しっかり猫だから、なおさらシニア猫になり、腎臓の働きが ...

続きを見る

膀胱炎予防にモグニャン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

neko-raihu

【管理人あいさつ】 こんにちは!初めて飼ったペットは犬だったのですが、知り合いに「どうしても生まれた子猫をもらって欲しい」と頼まれ、猫界レビューとなりました。 飼ってみると、猫も犬と同じ、規則正しい生活が好きでキレイ好き!ツンデレポーズも自己主張もまた可愛く、現在、和歌山県白浜の海の側、夫婦でチンチラペルシャのオス9歳と10歳の2にゃんの奴隷生活をしています。

-猫の病気

Copyright© 猫と私の癒しのある生活スタイル 猫LOVE生活 , 2019 All Rights Reserved.