犬の豆知識と世話

【ペットセラピスト資格】合格認定書の内容は?

更新日:

猫二匹,公園

サイト管理人
サイト管理人
ペットと一緒に暮らすには、お互いにルールを守るのが大切。

しかし、主従関係を作らない猫に犬のようなしつけはできませんよね。
猫のしつけとは、やってはいけないことを教え、猫ちゃんの習性からくる、さまざまな行動を人間の生活環境に適応させることが大切です。

と言う私も猫の「おやぶん」に毎朝4時に頭の上から大きな声で鳴いて起こされ即、散歩に連れて行く毎日なので偉そうなことは言えません。甘やかしているダメな飼い主です。^^;

「ペット セラピーの資格」で学んだことは、「人と犬・猫」の両方が快適で幸せな暮らしを送るためのノウハウを教わりました。

ペットセラピーでは、犬・猫のしつけからトレーニング方法も教わります。

以下の記事では、教わった内容を紹介します。

Sponsored Link

犬・猫のしつけとトレーニング

仲のいい犬と猫

  • 犬のしつけの前に、飼い主が知っておきたいこと
  • 必ず飼い主が主導権を握るには
  • ほめて育てる
  • 犬の基本トレーニング
  • トレーニングの7か条
  • 猫のしつけの前に、飼い主が知っておきたいこと

犬・猫のグルーミングのやり方

  • 犬・猫のグルーミングの必要性
  • グルーミングの準備編
  • 犬のブラッシング・お手入れのやり方
  • 猫のブラッシング・お手入れのやり方

ホリステックケアとペットの心を癒す

「ホリスティックケア」とは、人や動物を肉体・精神・気の流れなどのバランスを整え、もともと持っている「自然治癒力」高めようと療法をホリスティックケアと言います。

たとえば、マッサージ・鍼灸・心理療法・カイロプラクティックなどありますよね。

動物も心と体、互いに影響し合っています。

ストレスで体調を壊す犬・猫はたくさんいます

ストレスやケガや病気の痛みなど、不調のサインを読み取り「自律神経」のバランスの崩れ、交感神経と副交感神経の二つの働きを整えるようにします。

犬や猫がストレスを感じる時

  • 肉体的なストレス
  • 環境からくるストレス
  • 飼い主との関係からくるストレス
  • 恐怖・孤独・一時的興奮

ストレスに対する反応の例

  • 攻撃的になる理由
  • おびえる理由
  • おかしな行動をする理由
  • 固まって動かない理由

犬とふれあう方法

犬,ゴールデンレトリーバー

  • 正しい抱き方
  • してはいけない抱き方
  • ホールドスチール(飼い主に安心して身を任せるしつけ)
  • タッチング(あおむけでお腹を見せるポーズなど)
  • マズルコントロール(口をつかむ)口を開けたり薬を飲ませるときに便利
  • アイコンタクト(飼い主の目を見るようにするしつけ)

犬をしつける方法

  • 子犬のしつけ方
  • 一緒に遊ぶ
  • 家の中でのしつけ
  • 家の外でのしつけ
  • 犬同士のあいさつルール
  • 車に乗るときのしつけ

犬のトレーニング

ボクサー犬

  • お座り
  • 待て
  • おいで
  • 伏せ
  • お手
サイト管理人
サイト管理人
猫のしつけやセラピーコースはホンの少しです。

猫はしつけには、気分屋さんで、あまり向いていない性格なのでしょうね。
猫との生活で教える大きな3大しつけは、トイレ・食事・爪とぎですよね。
いずれも子猫の時から、家に迎え入れた時からしつけます。

猫二匹,公園
【ペットセラピスト資格】合格認定書の内容は?

サイト管理人ペットと一緒に暮らすには、お互いにルールを守るのが大切。 しかし、主従関係を作らない猫に犬のようなしつけはできませんよね。 猫のしつけとは、やってはいけないことを教え、猫ちゃんの習性からく ...

続きを見る

猫のしつけ方編

猫の親子

  • トイレのしつけ
  • 食事のしつけ
  • 爪とぎのしつけ
  • 猫と快適に暮らす方法
  • ほかの猫との関係・ルール
  • 外出するときのしつけ

犬の問題行動の対処方法

犬,ダックスフンド

  • 飼い主が問題行動に対処するための5か条
  • 吠えるとき
  • 噛む・かじるとき
  • トイレ以外で粗相する
  • 動くものを追いかける
  • 落ちているモノを食べる
  • リードを引っ張る
  • 人に飛びつく
  • 分離不安(飼い主がいない時に極度の不安やストレスの症状)

猫の問題行動の対処方法

  • やたらと鳴く
  • 小動物を殺してしまう
  • 臭いスプレーをする

犬のグルーミング編

柴犬,トリミング

  • 体の部位別のブラッシング方法
  • シャンプーの方法
  • 体の各パーツのお手入れ

猫のグルーミングのやり方

  • ブラッシングのやり方
  • ノミの駆除方法
  • シャンプーの方法
  • 体の各パーツのお手入れ

ペットを癒すアロマセラピー

アロマキャンドルとオイル

  • 犬に効く、アロマセラピー
  • エッセンシャルオイルの使用方法と注意事項
  • 犬にオススメ、エッセンシャルオイルと効果
  • 控えた方がいいエッセンシャルオイルの種類
  • アロマトリートメントの手順
サイト管理人
サイト管理人
「注意事項」猫にアロマは毒になるので控えましょう。

猫に使用できるのはアロマウォーターだけです。
エッセンシャルオイルは香りを通じて体内に入ります。体内に入ったものは犬や人間は体外に排出されるのが普通ですが、猫や小動物は体内に蓄積し、有害なものとなります。猫を飼っている人は、部屋の中でも安全のため、アロマは焚かないよう気を付けましょう。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
猫LOVE生活!

猫LOVE生活!

【管理人あいさつ】 こんにちは!初めて飼ったペットは犬だったのですが、知り合いに「どうしても生まれた子猫をもらって欲しい」と頼まれ、猫界レビューとなりました。 飼ってみると、猫も犬と同じ、規則正しい生活が好きでキレイ好き!ツンデレポーズも自己主張もまた可愛く、現在、和歌山県白浜の海の側、夫婦でチンチラペルシャのオス9歳と10歳の2にゃんの奴隷生活をしています。

-犬の豆知識と世話

Copyright© 猫と私の癒しのある生活スタイル 猫LOVE生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.